まなべーる

役立つ情報お届けします!防犯・防災・介護・不動産

防犯

他人事ではない!当て逃げ心理

投稿日:2019年10月15日 更新日:

今回は、車であて逃げをしてしまう心理状態について説明します。 今からお話するのはあくまで、ちょっとした接触事故の場合です。

激しくぶつけてしまったり、人を怪我させてしまったような大きな事故では、迷うことなく警察や消防に通報し、事故の届け出や救護活動をされると思います。

これは、どんなに動揺していても、基本的には一連の適正な手続を執っていかれることでしょう。

では、今から示すケースはどうでしょうか。ちゃんと正しく手続は執れますか?

  • あなたが運転する車が自転車(高校生乗車)にわずかに接触
  • 相手の子は転倒したが怪我はない
  • 自転車は元々傷だらけで今回の事故の損傷部位は不明
  • 高校生は「急いでますから。大丈夫です。」と言って立ち去ろうとしている
  • あなたの車の傷も目立たない
  • 周囲に人はおらず、朝から会議があるためあなたも急いでいる

さあ、どうしましょう。何事もなかったかのようにスルーしたりしませんか。

今回はこの状況下で人はどのような思考に陥るのか、その傾向について説明します。

🔷事故を起こした場合に警察に届け出なければならない理由

交通事故を起こした場合に警察に届け出るのは、物件事故(怪我のない事故)、人身事故(怪我のある事故)を問わす、義務です。

権利ではありません。届け出なければならないとして、道路交通法に規定されているのです。

 

では、もし事故の届け出を怠るとどうなるのでしょう。

道路交通法第72条に

当該交通事故に係る車両等の積載物並びに当該交通事故について講じた措置を報告しなければならない

と記載されていますので、届け出を怠ればあて逃げとなり3か月以上の懲役、または5万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

 

それともう一つ、保険手続が滞る可能性もあります。

保険請求する場合には、実際にいつ、どこで、どのような事故があったのかを証明する「事故証明書」が必要となります。

これは警察への届け出を経て自動車安全運転センターから発行されるもので、警察への届出を怠ると発行を受けるこができず、保険適用が困難となります。

🔷多くの人が陥る心理傾向

いま説明したとおり、大小を問わず、交通事故が発生した場合には警察へ届け出なければいけないことがお分かり頂けたでしょうか。

とはいうものの、冒頭で示した「軽微な自転車との接触事故」のような場合にも迷うことなく警察に届け出ることはできますか?

目立った怪我はありません。相手は立ち去ろうとしていますし、あなたも会議で急いでいます。車や自転車の損傷もほとんどなく保険を使う可能性もなさそうです。

届け出をする理由は道路交通法だけです。どうしますか?

さあここで、あなたの心理傾向をチェックしましょう。

 

【「100%の小さなリスク」と「5%の大きなリスク」どっちを選ぶ?】

◎次の例を考えてみてください。

✅ものすごく厳しい先生がいます。その先生の授業で教科書を忘れました

✅あなた昨日も忘れ物をして叱られたばかりでストレスを抱えています

✅あなたの席は一番後ろで教科書を忘れてたことがバレる可能性は極めて低いでしょう

✅さあ、授業が始まりました。申告するなら今しかありません。

                            

①素直に申告して叱られる(必ず叱られるがその場だけ)

②申告せずにやり過ごす。ただし、バレた場合は暫くは厳しい仕打ちを受ける

 

皆さんはいかがでしょう。

②を選択された方も多いのではないでしょうか。それは我々日本人が持つ思考の傾向にあります。

人は一定のストレスのかかる状況下では、後々大きなリスクが発生する可能性があっても、目の前に確実に訪れる小さなリスクを回避する傾向があるのです。

言い換えれば、ストレスがかかった状態で目の前に「100%の確率で起こる小さなリスク」「5%程度の確率で起こる大きなリスク」の2つの選択肢がある場合、後者を選択しがちということです。

つまり、バレたときに先生に叱られても構わないから、とりあえず今叱られるのは避けようと思ってしまうわけです。

【自転車との接触事故】

これをそっくりそのまま冒頭の高校生との接触事故に引用してみます。

❶「100%の小さなリスク」

⇒警察に届け出る。手間がかかる。相手の両親にも連絡・謝罪が必要となる。会議にも遅れる。

❷「5%の大きなリスク」

⇒相手が立ち去ろうとしているし、怪我や損傷もまず問題とならない。ただし、あとから通報された場合には道路交通法違反で罰せられる可能性がある。

🔷まとめ

皆さんどちらを選択されますか?相手は立ち去ろうとしています。

②を選択したくなりますよね。これが「当て逃げ心理」というものです。

 

今回説明した内容は、私たちが持つ心理傾向をあて逃げにあてはめたものです。

必ずしも全員にあてはまるわけではありませんが、納得された方も多いかと思います。

 

もしあなたが、車を運転していて”コツン”とやってしまった場合には、この心理が働くことを覚えておいて下さい。

そして、この心理傾向に流されることなく、一呼吸おいて落ち着いて届け出て頂けたらと思います。

バイク王

関連記事:交通事故を起こした場合どう対応する?その後の流れは?

関連記事:シートベルト着装義務違反を例に説明!白切符

-防犯
-,

執筆者:


  1. より:

    なーるほど、。、私は、あてにげ心理を、選びまーす、、、が、今後は、一呼吸考えます‼️

    • べいる より:

      成さん。いつもコメントありがとうございます。
      まずは、事故を起こさないように気を付けて頂いて、万が一コツンとぶつけてしまったらこのブログの内容を思い出して頂けると幸いですw

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

公職選挙法違反!気が付けばあなたも被疑者に!事例を紹介

選挙違反は全く関係ない!そう思っている方は多いかと思いますが、実は結構身近に落とし穴が潜んでいます。 今回は選挙の時期に参加した同窓会が公職選挙法違反となる事例を紹介します。 Contents   目 …

“未成年者の喫煙や飲酒”周りの大人が罰せられます!

さて早速ですが問題です。 子どもがお酒を飲んだりたばこを吸っていたとします。 この場合誰が罰せられるでしょう。 ①吸っている子供 ②保護者 ③子どもにタバコを売った店の人 タイトルを見たらわかるかもし …

後ろ手錠ってほとんど見ないけどやっていいのでしょうか?

後ろ手錠って分かりますか? 身体の前ではなく、後ろで手錠をかける行為です。 これって、テレビなどでもほとんど見ませんよね。 今回は後ろ手錠について説明します。 Contents   目 次1 🔷後ろ手 …

贈収賄事件!交通違反がきっかけになることも

贈収賄事件ってあまり馴染みがありませんよね。 新聞やテレビでたまに報道される程度で、一部の人を除けば関わることのない犯罪です。 ですが、交通違反がらみで、もし魔が差してしまえば、一瞬にしてあなたも贈収 …

自転車の防犯登録は本当に必要なのか

自転車を購入したときに、自転車の防犯登録も併せて行うと思いますが、本当に必要なのでしょうか。 盗まれた場合など、防犯登録を削られるパターンが多いですが、それでも戻ってくるのでしょうか。 今回は自転車の …

カテゴリー

アーカイブ