防犯・防災

防犯・防災

万引きから事後強盗へ!相手に怪我を負わせれば重罰に科されます!

皆さん、事後強盗ってご存じですか?あまり聞きなれない罪名ですよね。 窃盗の後に暴力等を振るって逃げるなどすれば事後強盗になるのです。今回は事後強盗で最も多いパターン!万引きから事後強盗に発展するケースを説明します。
防犯・防災

供応接待とは?公職選挙法違反は身近に存在する!巻き込まれないように!

選挙違反は自分には全く関係ない!そう思っている方は多いかと思います。しかし、実は結構近しいところで選挙違反は発生しいます。そして一歩間違えればあなたも公職選挙法違反の被疑者になってしまいます!今回は、最も身近で巻き込まれやすい選挙違反である供応接待について説明します。
防犯・防災

空き巣、忍び込み、居空き!3つの手口と泥棒の心理!

自宅に泥棒が入って金品を盗んでいく犯罪を侵入盗といいますが、侵入盗も手口によって分類されています。それが 空き巣、忍び込み、居空きの3つです。同じような犯罪なのですが、手口は大きく異なり、犯人の心境も異なるようです。今回は、この3つの犯罪について説明します。
防犯・防災

未必の故意とは?認識ある過失との違いは?

犯罪が成立するためには、故意が必要となるケースがほとんどです。同じ行為でも、内心面において故意が認定されなければ、犯罪の構成要件は非該当となり、犯罪そのものが成立しないものとなります。今回は「故意」関し、未必の故意と認識ある過失の違いについて説明します。
防犯・防災

刑事事件と民事事件の違いを簡単に説明!目的とハードルの高さが違います

あなたが何かの事件の被害に遭って、犯人も判明しているとします。このとき、刑事事件と民事事件の2つの訴えを起こすことができます。しかし、この2つはどう違うのか。今回は刑事事件と民事事件の違いについて簡単に説明します。
防犯・防災

私人による現行犯逮捕!一般人も逮捕はできる

逮捕は捜査機関しかできないイメージがありますが、一般の人の目の前で犯罪が発生し、この人物が罪を犯したのが明らかな場合には、現行犯逮捕して捜査機関に引き渡すことができるんです。 これは刑事訴訟法第213条で定められています。 よくある例として、万引きGメンが万引き犯を逮捕し、警察に引き渡すケースなどがあります。 今回は、私たちが犯罪の現場に鉢合わせになった場合の私人による現行犯逮捕のポイントや注意事項を説明します。
防犯・防災

自首すると減刑!自首の成立要件は?

皆さん、自首ってご存じですよね。法に触れる行為を行ったため、自ら警察等の捜査機関に出向いて罪を申告することです。ですが、実際のところ自首は中々成立しにくいのが現状です。本人は自首したつもりであっても、実は自首になっていないケースが多々あります。今回は自首の意味や成立要件について説明します。
防犯・防災

白バイ隊員になるには?夜間の白バイの取り締まりは?

皆さん、白バイの取り締まりを受けたことはありますか。私は大学時代に400CCバイクを運転中、一時不停止で白バイの取り締まりを受けました!神出鬼没!全く分からなかったです。それ以降は一時停止を確実にするようになりました。今回は「白バイ隊員になるには何が必要か?」など、白バイに関することを説明します。
防犯・防災

刑事と警部補はどっちが偉い?警察の部門や階級

私は現役時代に「刑事と警部補どっちが偉い?」という質問を受けたことがあります。確かに、一般の方からすると分かりにくい面があるようです。という訳で今回は、警察の部門や階級に触れながら「刑事と警部補どっちが偉い?」という質問に回答しようと思います。
防犯・防災

子供の喫煙や飲酒!周りの大人が罰せられます

子供が喫煙や飲酒をした場合には誰が罰せられるでしょう。 ①「吸っている子供」②「保護者」③「子どもにタバコを売った店の人」タイトルを見たらわかるかもしれませんが、少し考えてみてください。今回は、未成年者の喫煙や飲酒に関する法律ついて説明します。 喫煙や飲酒の法律について
タイトルとURLをコピーしました