まなべーる

役立つ情報お届けします!防犯・防災・介護・不動産

防犯

見逃すな!児童虐待の”SOS”

投稿日:2019年10月22日 更新日:

皆さんの周囲で虐待の被害に遭っている児童はいませんか?

「わからない」というのが素直な答えだと思います。

児童虐待は家庭内で起きるので分かりにくいです。非常に潜在化しやすいのが特徴です。

また、被害に遭っている児童が積極的に助けを求めるケースもまずありません。

ですので、周囲の大人が気が付いてやらないと深刻化してしまうという特徴もあります。

今回は、虐待の兆候に気付くためのポイントなどについて話していきます。

今回のこの記事を見て頂き、もう一度周囲に目を配ってもらいたいと思います。そして、虐待を受けている可能性のある児童からのSOSがないかを今一度確認して頂けたらと思います。

🔷児童虐待の現状

【児童虐待の4つの種類

児童虐待には4種類あります

身体的虐待

殴る、蹴る、投げ落とす、首をしめる、たばこの火を押し付ける、戸外に締め出す等

性的虐待

子どもへの性交、性的行為の強要、性器や性交を見せる、児童ポルノの被写体の強要等

ネグレクト

家に閉じ込める、病気やケガをしても病院に連れて行かない、食事を与えない、不潔なままにする等

心理的虐待

言葉による脅し、脅迫、無視、差別等

 

近年児童相談所に多くの通告がなされているのが❹の心理的虐待です。

その中でも、子どもの目の前でDV(ドメスティックバイオレンス)が行われるといった「面前DV」という心理的虐待が増加しています。

【児童虐待は増えてるの?】

どうなのでしょう。

≪≪15万9,850件≫≫

この数値は全国の昨年度の児童虐待対応件数です。

平成30年度の児童相談所による児童虐待対応件数(速報値)が厚生労働省から発表されました。

 

件数は15万9,850件で、前年度より2万6,072件で前年比19.5%増となり、過去最多を更新しました。数値をみると確かに増えているといえます。

ただ、少子高齢化が進む中で年々児童虐待対応件数が増加するというのも違和感がありますね。

増加の原因として「児童虐待への社会的関心の高まりにより通告件数が増加していること」、「DVの取り扱いが警察で増えていることに相まって面前DVの件数が増加していること」も考えられるのではないでしょうか。

 

数値のみで虐待をする親が年々増加していると判断するのはちょっと乱暴かもしれません。

🔷見逃すな!虐待のサイン

【身体的虐待と事故の外傷部位では痣の場所が異なる!】

画像引用元:文部科学省HP

 

事故(虐待でないもの)で怪我しやすい部位は、図にあるように身体の尖った部分つまり、関節部分などになります。

臀部やふとももの内側など脂肪組織が豊富で柔らかいところや、首やわきの下など引っ込んでいるところは怪我をしにくいのです。

 

では虐待の場合に怪我しやすい部位はどこでしょう。

脂肪組織が豊富で柔らかい部分などに傷があるケースが多いようです。

の右図にあるような部位に外傷がある場合には、虐待が疑われます。

また、図には示されていませんが、手の甲など転んだりして怪我をしにくい部分に傷がある場合にも暴行を受けた可能性を考える必要があるでしょう。

 

【虐待を見つけるポイント】

その他、下記のポイント例も押さえておく必要があります。

【子どもの様子】

✅治療していない傷がある

✅無表情、おびえた泣き方をする

✅食事に異常な執着を示す

✅繰り返し嘘をつく

✅大人の顔色をうかがう

【保護者の様子】

✅無関心

✅体罰の正当化、兄弟間の差別化

✅連絡を取りづらい

✅説明内容がコロコロ変わる

✅DVがある

✅精神状態が不安定

引用元:神奈川県HP

🔷まとめ

回は児童虐待のサインについて主に説明しました。

冒頭に申し上げたとおり、児童が自分で声をあげることはあまりありません。また残念なことに、この種の事案は親が当事者なので家庭からも被害の申告は期待できません。

ということは、気が付いてあげれるのは、その他の人、周囲の大人、つまりあなたかもしれません。

今回の内容を参考にして頂いて、万一SOSを発信している子供がいたら、見つけてあげてください。


-防犯

執筆者:


  1. より:

    そつうですな😃納得、納得です😀

  2. べいる より:

    成さん、毎回コメントありがとうございます。
    ご納得して頂けて納得いたしました。

  3. 子供は宝なので日本のためにも社会全体で大切に育んでいきたいですね。

    • べいる より:

      ゆうちゃんママさん、コメントありがとうございます。
      そうですね。子どもを社会全体で育むことは大切ですよね。
      様々な事情を抱えている家庭がたくさんある中で、子どもが犠牲にならないように守っていきたいですね。

  4. マコリン より:

    児童虐待とか虐めとか 昔はあまり聞かなかったような気がします。多分今の親の問題と言うより その親世代が育った時代がどういう時代だったのか考察しなければと思います。かなり根が深い問題かも。

    • べいる より:

      マコリンさん、コメントありがとうございます。
      親世代は、団塊の世代に育てられた世代ですね。
      根深そう。。。

  5. マコリン より:

    団塊世代と言うよりも 敗戦から高度成長、バブル崩壊、新しい価値観の芽生え、その時代と社会構造及び価値観の変化に目を向けたいと
    思います。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

傷害致死と殺人の違い

傷害致死と殺人、どちらも人に有形力を行使し、結果として死に至らしめる行為、重要凶悪犯罪です。 ただ、同じ結果であったとしてもその経緯・内容により傷害致死と殺人とに罪名が区別されます。 では一体どう違う …

少年事件とその手続きとは

罪を犯した場合、少年と成人とではその後の手続きで大きく異なります。 少年の場合は少年法があり特殊な手続きになりますので、今回は少年事件とその手続きについて説明します。 Contents   目 次1 …

ストーカーから逃げる!どう対応する?

男女間のもつれに起因する事件での対応を誤れば、状況は急展開し、大きな事件に発展します。 警察などが介入し、落ち度のなくきめ細やかな対応をとっていたとしても、大きな事件になったりするケースもあります。 …

暴行、傷害、器物損壊の色々な態様

みなさん、もし自宅の飼い犬などが何者かに害され死なされたとします。これって刑法でいうところの何罪だと思いますか? 答えは、“器物損壊罪”です。 しっくりこない方も多いでしょうが、刑法ではこういった形態 …

うっかりも許されません!二日酔いの飲酒運転

”飲酒運転撲滅”この言葉が我々の意識の中にしっかりと浸透しだして15年以上経過したのではないでしょうか。 報道や各種取り組みを通じ、明らかに私たち国民の飲酒運転に対する意識が大きく変わったと思います。 …

カテゴリー

アーカイブ