まなべーる

役立つ情報お届けします!防犯・防災・介護・不動産

雑記

カフェインの作用と副作用!1日で摂取可能なカフェイン量の上限

投稿日:2020年1月29日 更新日:

皆さんは1日のカフェイン量を意識されていますか?

カフェインはコーヒーはもちろんのこと、玉露などにも多く含まれています。

また眠気防止薬、風邪薬や解熱鎮痛薬などにも含まれています。

知らず知らずのうちに摂取しすぎ・・・要注意です。

今回は、カフェインの働きと副作用ついて説明しつつ、カフェイン量にも触れながらお話します。

🔷カフェインの働きと副作用

【軽い興奮状態・利尿作用】

カフェインには、軽い興奮状態を引き起こし、一時的ではありますが、眠気や倦怠感を抑える作用があります。

こういった作用がありますので、市販の“眠気防止薬“には、カフェイン(無水カフェイン、安息香酸ナトリウムカフェイン等も含む)がメインで配合されています。

 

身近なカフェインといえば、コーヒーですね。

1日に複数回コーヒーを飲むっていう方も多いと思います。

私もよく飲みますし、今も飲んでいますよw

コーヒーを飲むと頭がすっきりする感覚があると思いますが、それは幻ではなく、本当にすっきりしているのです。一時的ですが・・・

 

もう一つのカフェインの代表的な作用は、利尿作用です。

カフェインは、腎臓でのナトリウムイオンと水分の再吸収を抑制するとともに、尿量の増加(利尿)をもたらします

トイレに行けない会議等の前には、コーヒーは控えましょうw

【副作用・依存性の形成】

さて、我々の生活とすごく関わりがあるカフェインですが、飲み過ぎには注意が必要です。

カフェインは副作用として、震え、めまい、不安、不眠、頭痛等が生じることがあります。また、心臓を興奮させる作用もあり、副作用として動悸が現れることもあります。怖いですね。

 

加えて注意すべきは“依存性”です。反復摂取により、依存性を形成する性質があるので、カフェインの多量摂取にならないよう量を考えて摂取する必要があります。

【妊娠時における胎児への影響】

妊娠中に摂取したカフェインの一部は、血液―胎盤関門を通過して胎児に到達することが知られており、胎児に影響を及ぼす可能性が考えられます。

 

また、カフェインは乳汁中にも移行します

乳児の肝臓は未発達でカフェインの代謝にかなり時間がかかります。

乳児の体内にカフェインが蓄積すると頻脈や不眠等を引き起こす可能性があるので、授乳中はカフェイン摂取を避けるようにしましょう。

🔷相互作用と摂取量の上限

ここでは、1日のカフェイン量の上限について説明します。

“眠気防止薬のカフェインの上限“はズバリ!!

1回200mg

1日500mg

です。

これがどれくらいの量なのか!?分かりにくいですよね。なので、100g当たりに含まれるカフェイン量をまとめました。

 

≪100g中に含まれるカフェイン量の目安≫

  • 玉露   160mg
  • 煎茶    20mg
  • ウーロン茶 20mg
  • 紅茶    30mg
  • コーヒー  60mg

なるほど。玉露は連続で2杯飲まない方がいいようですねw

それと注意すべきは相互作用です。

冒頭に申し上げたとおり、カフェインは様々な薬に含まれています

もし服用中の薬にカフェインが含まれていて、結果的に“カフェインを取り過ぎ“となれば、中枢神経系や循環器系統への作用が強く現れるなど、副作用が生じます。

 

医師からの処方であれば、薬剤師さんがカフェインの重複摂取を避けてくれたりしますが、もし、ご自身でドラックストア等で市販の医薬品を購入し服用する場合、コーヒーも含め、カフェインの取り過ぎに注意してください。

🔷まとめ

今回は、カフェインについて説明しました。

カフェインは我々の生活の中で身近な存在ですよね。飲み物にも、薬にも入っています。

 

活用次第で効果的な作用が期待されますが、反面、胎児・乳児への影響や、そもそもの副作用は注意を要します。

作用・副作用、カフェイン量等をちゃんと理解し、カフェインと上手に付き合っていってくださいw

関係記事:かぜの原因や症状”と“かぜ薬の効用”!かぜ薬の選び方

関連記事:”睡眠薬の作用や注意点”と“眠れないときに寝る方法”

-雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

交番と駐在所の違い

皆さんのご自宅は交番の管内ですか、駐在所の管内ですか? 私の家はギリギリ交番の管内です。でも、この2つは何が違うのでしょう。 今回は交番と駐在所の違いについて説明します。 Contents   目 次 …

効果抜群!私のパワーハラスメント対策

仕事ができる上司ってパワハラになりやすいみたいですね。 ✅自分ができるので、部下がやるのが物足りなくなってしまう ✅業務管理や人事管理を徹底的にやりすぎてしまい、部下が窮してしまう などなど・・ &n …

詐欺の成立要件は結構ハードル高いです

「お金を貸したのに返してくれない!!」「お金を貸した相手がいなくなった~!」 「詐欺だ~!!」というパターンってあると思います。 ですが、これは本当に詐欺なのでしょうか? 刑法の詐欺罪の成立要件は、実 …

自動車運転免許証の再発行のやり方!免許証のまめ知識もお教えします

今回は運転免許証を紛失した場合の再発行の手続きについて説明します。 免許証を無くしてしまった!?何処で再発行するの? 何が必要なの? こういった疑問にお答えしようと思います。   ですがその …

薬害の歴史!サリドマイド訴訟

薬害にも歴史があります。 サリドマイド訴訟、スモン訴訟、HIV訴訟、CJD訴訟など・・・ それぞれの歴史を踏まえ、今の信頼できる医療・医薬品があります。 今回はその中で、サリドマイド訴訟について説明し …

カテゴリー

アーカイブ