まなべーる

役立つ情報お届けします!防犯・防災・介護・不動産

防犯

暴行罪・傷害罪“日本法律は喧嘩両成敗”

投稿日:2019年11月16日 更新日:

喧嘩って日本の法律ではどう取り扱われるんでしょう。

内容にもよると思うのですが、相手が因縁をつけてきて、殴ってきたから取っ組み合いになったような喧嘩です。

喧嘩って両成敗?今回は暴行と傷害の違いに触れつつ、喧嘩の法律上の取り扱いについて説明します。

🔷暴行罪と傷害罪

【暴行罪と傷害罪の違い】

暴行罪は刑法第208条に規定されています。

内容を分かりやすく説明すると、『人に対して、蹴ったり、殴ったり、物を投げて当てたりするなど、有形力を行使してはいけません。』といったものになります。

法定刑は“2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金または抑留若しくは科料”となっています。

これはイメージが湧くと思います。

 

では、傷害は・・・これは刑法第204条に規定されており、暴行を加えた結果、傷害を負わせた場合には暴行罪ではなく傷害罪が適用されます。法定刑も重たくなり“15年以下の懲役又は50万円以下の罰金”となります。

 

でも今の説明では分かりにくいですね。ズバリ、暴行と傷害の違いは診断書の提出の有無です。

被害者が警察に診断書を提出すれば傷害罪、提出がなければ暴行罪となります。

🔷相手が喧嘩を売ってきた場合

【喧嘩両成敗になるの?】

相手が一方的に喧嘩を売ってきて、先に相手が手を出したとします。

顔面を殴られました。ムカつきますよね!

カッとなってあなたは相手胸倉をつかみ返しました。

 

さあ、この場合どのなるでしょう。

 

殴られたあなたは、暴行で訴えることができます。診断書を提出すれば、先に説明したとおり相手は傷害罪となります。

ですが、相手も胸倉をつかまれたとして、被害の申告するでしょうから、上記ケースではあなたへの暴行罪が成立するでしょう。

ちょっと理不尽なようですが・・日本の法律では、こういった場合には制止又は逃げるようになっているようです。

 

相手が悪い場合でも、制止行為ならいいですが、胸倉をつかむような積極的な有形力の行使は許されません。

【正当防衛にならないの?】

なりません。正当防衛が適用されるケースは喧嘩の場合はあまりないのです

正当防衛とは、刑法第36条1項に「急迫不正の侵害に対して自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずした行為」とされています。

“このやむを得ずした行為”というのはかなりハードルが高いです

他に手段がないといった状況が立証される必要があります。逃げれたのではないか、制止すればよかったのではないか、などのハードルをクリアする必要があり、理論的に説明することは難しく、結果的に喧嘩の場合には正当防衛の適用はまず期待できないでしょう。

🔷まとめ

今回は、喧嘩について説明しました。喧嘩がある場合は、お酒が絡んでいるケースも多いです。こうなると、どちらも気が大きくなり、結果的にどちらも手を出すといった相被疑事件となりがちです。

日本の法律は喧嘩両成敗です!みなさん、喧嘩を売られたときは・・・相手からも法律からも成敗されないように気を付けましょうw


 

《⇩弁護士等をお探しの方はご利用ください 》

弁護士、税理士、司法書士等の相談窓口検索サイト(無料)

関連記事:飲み過ぎ注意!泥酔したら警察に保護されます

関連記事:DVから逃げる!どう対応したらいいの?

-防犯

執筆者:


  1. せい❇️ より:

    日本の法律も、変だ❗とか理不尽だ❗と、思う事が、多い気がします‼️

    • べいる より:

      せいさんコメントありがとうございます。
      改正されているものもありますが、まあ、色々ですね。

  2. マコリン より:

    理不尽だと思います。でも私の場合はやっぱり尻尾を巻いて逃げると思います。対応出来る能力がないから。
    だから結果的にトラブルに巻き込まれないのかも。

    • べいる より:

      マコリンさんコメントありがとうございます。
      日本の法律は手を出したら負けということですねw
      トラブルに巻き込まれないようにするのが1番大切です。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

空き巣、忍び込み、居空きの違い!犯人の心理とは?防犯対策は?

自宅に泥棒が入って金品を盗んでいく犯罪を屋内窃盗といいますが、屋内窃盗も手口で分かれています。 空き巣、忍び込み、居空きの3つです。 同じような犯罪ですが、手口としては大きく異なり、犯人の心境も違うよ …

DVから逃げる!どう対応したらいいの?

近年、ストーカーと共にDVについても大きく報道され、社会問題化しています。 DVは昔からあったのですが、警察をはじめとする行政の取り扱いも大きく変化し、対応件数も大きく増加しています。 今回は、DVか …

振り込め詐欺でこんな電話がかかってきてます!3つの手口

振り込め詐欺のグループは、毎年あの手この手と手口をかえながら電話をかけてきます。 メディアなどを通じ手口が浸透し、あまり騙されなくなってきたり、警察に捕まる危険が高まってきたら、犯人グループは別の方法 …

一人歩き・一人暮らし 簡単にできる女性の防犯対策

女性の皆さん、夜間の一人歩きはちゃんと警戒されていますか。 一人暮らしの方はしっかりと防犯対策をとられていますか。 一番いけないのは、防犯意識を持たずに油断していることです。実際に防犯上、とるべき行動 …

他人事ではない!当て逃げ心理

あて逃げする心理を分析!
他人事ではありません。

カテゴリー

アーカイブ