まなべーる

役立つ情報お届けします!防犯・防災・介護・不動産

防犯

実はあった!万引犯の見分け方

投稿日:2019年10月19日 更新日:

今回は、タイトルにもあるように、万引きをしようとする人にはある顕著な特徴があるそうなのでご紹介します。

これは、かなり優秀な万引きGメンの方から聞いたので、確度が高いはなしです。

では万引きの現状等も踏まえて順次お話していきます。

🔷万引きなどの犯罪の傾向

【増えてるの?減ってるの?】

引用元;平成30年警察白書統計資料

図にあるとおり万引きの認知件数は年々減っています。というか、万引きのみならず、犯罪自体が減っています。

刑法犯認知件数(警察が刑法犯罪を認知した件数)という一般的に治安のバロメーターと呼ばれる数値があるのですが、年々右肩下がりで減少しています。即ち犯罪自体が年々減少傾向にあるわけですね。

 

理由は、少年人口の減少、防犯カメラの設置増加、防犯設備の充実・強化、ボランティア団体の増加等、複数の要因があるそうです。

私は少年人口の減少がかなり大きな要因のように思います。その他、ネット空間に犯罪が流れ込んで、警察が認知できる犯罪が減っているようにも感じています。

 

【万引き犯の高齢化?】

前記「万引きの認知・検挙状況の推移(平成20~29年)」で唯一右肩上がり増加している数値があります。それは高齢者の検挙割合です。

高齢者とは、65歳以上の方を位置付けているとのことですが、この検挙割合が年々増えています。

 

これは、一見して高齢者の犯罪が増えているように見えますが、高齢者の検挙人員は減少しています。

ということは、社会全体で高齢者の割合が増えている、高齢化社会のひとつの現象を示しているものと考えるのが自然のようです。

🔷万引きって病気!?

病的窃盗(窃盗癖)というものがあります。

物を盗む衝動に駆られ、それを抑えることに何度も失敗する障害です。

窃盗をするときの緊張感や高揚感が快感となり、盗むことでの満足または解放感が心地よく、つい繰り返してしまう症状です。

(例)お金に困っている訳ではないが、緊張感や高揚感を得る目的でスーパー等で100円、200円の商品の万引きを繰り返すなど

原因は心理社会的、生物学的など様々な要素があるようですが、こういった症状がある場合は、「治療」という選択肢を真剣に考える必要がでてきます。

🔷万引き犯人とは❍があっちゃう!

以前、かなりの検挙率を誇るGメンの女性と話しをしたことがあります。

この方は、万引き犯に見られる一つの行動を察知すれば、「万引きする!」と判断し、そのまま後をつけ、案の定、万引きを敢行すれば、声をかけて捕まえるそうです。 

 

万引き犯を見分ける秘訣!Gメンの女性曰く「万引きする人とは目があっちゃうのよね~」らしいです。

 

普通に買い物をする人は商品を見ているので、他の人と目が合うことはあまりないそうです。

ですが、今から万引きしようとしている人は周囲の人を見ているので、同じくお客さんを見ているGメンと目が合うらしいのです。

かなり納得のいく理論ですね。

🔷まとめ

今回は、万引きの現状、病的要素及び万引き犯の特徴についてお話しました。

万引きGメンの方の話を聞いたのは、10年ほど前のことですが、あまりにも納得いく話だったので、今回紹介させて頂きました。  

みなさんもスーパーなどで買い物をしているときに、他の人と目があったら・・・その人は、ひょっとしたら万引きをしようと思っているかもしれません。

または・・・巡回中の万引きGメンかもしれませんね。

そうだとすれば、その後尾行されますよw

-防犯

執筆者:


  1. より:

    なーるほど😀😀

    • べいる より:

      成さん、こんばんは。
      いつもコメントありがとうございます。
      納得していただけてよかったですw

  2. みいちゃんのママ より:

    素晴らしい!
    わかりやすいです。
    よく勉強されてますね。

    • べいる より:

      みいちゃんのママさん、コメントありがとうございます。
      10年前に聞いた話で恐縮です。
      参考にする場面がないかもしれませんが、参考にされてくださいw

  3. マコリン より:

    店舗管理していた現役時だいに知りたかった。

    • べいる より:

      マコリンさんコメントありがとうございます。
      15年ほど前が犯罪のピークだと把握しています。
      その当時知っていたら、ずっと万引犯を追い回していたかもしれませんねw

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供が逮捕された場合!その後の流れ

子供は少年法に守られていますがそれでも法を犯せば逮捕されることがあります。 状況によっては100円の万引きであっても逮捕されることあります。 先日、別記事で逮捕とその後の手続きについて説明しました。( …

見逃すな!児童虐待の”SOS”

皆さんの周囲で虐待の被害に遭っている児童はいませんか? 「わからない」というのが素直な答えだと思います。 児童虐待は家庭内で起きるので分かりにくいです。非常に潜在化しやすいのが特徴です。 また、被害に …

これって詐欺?民事訴訟の管理センターから送付されたはがき

    みなさん、こんな“はがき“を見たことありますか? ✅民事訴訟管理センター ✅訴訟通達センター ✅地方裁判所管理局 などから 「総合消費料金未納分訴訟最終通知書」 「民事訴訟 …

占有離脱物横領の罪?自転車の窃盗との違いは?放置された自転車を乗り回すと捕まる!

自転車が盗まれた後に警察から「占有離脱物横領の罪で自転車の乗っていた犯人を捕まえた」という連絡を受けたことがある人、結構いると思います。 んっ??窃盗ではないの??何が違うの? 今回は自転車の占有離脱 …

少年事件とその手続きとは

罪を犯した場合、少年と成人とではその後の手続きで大きく異なります。 少年の場合は少年法があり特殊な手続きになりますので、今回は少年事件とその手続きについて説明します。 Contents   目 次1 …

カテゴリー

アーカイブ