まなべーる

役立つ情報お届けします!防犯・防災・介護・不動産

介護

認知症の理解を深めよう!クイズ

投稿日:2020年1月13日 更新日:

自分自身が認知症になるにせよ、家族がなるにせよ、認知症と向き合わなければいけないときがやってくる可能性は十分にあります。

それは、随分先かもしれませんし、近い将来かもしれません。

今回は、認知症の理解を深めるためにクイズを5問を用意しました!

ぜひ答えてみて下さい。

🔷認知症の理解!5問のクイズ

【問1:高齢者のどの位の割合の人が認知症またはその予備軍と言われているでしょう?】

A 4人に1人

B 8人に1人

C 12人に1人

 

 

(解説)

正解はAです。驚きですね。認知症の方は全国で450万人を超え、予備軍も含めると4人に1人という結果だそうです。

高齢化、平均寿命の延伸により、今後も当然増え続け、2025年には700万人を超える見込みです。(厚生労働省老健局報道発表資料)

外出したら、駅やデパートなど、様々なところで認知症の方と顔を合わす未来がもうすぐやってきます。

【問2:認知症予防のためになるのは?】

A 魚よりも肉を多くとる

B 週1回以上の赤ワイン

 

 

(解説)

正解はBです。ポリフェノールを含む食品は、認知症の発症を抑えると言われています。

お酒の中でもポリフェノールが多い赤ワインは、発症の原因とされているアミロイドβタンパク質の生成を抑制する効果が期待されており、飲酒するなら赤ワインが有効です。

【問3:認知症による物忘れはどちらでしょう?】

A いくらヒントを与えても思い出せない

B ヒントを与えれば思い出せる

 

 

(解説)

正解はAです。やろうと思っていたことを忘れる、眼鏡を何処に置いたか忘れるなど、物忘れはしばしばあるかと思います。

ですが、認知症によるもの忘れは、あったことすべてを忘れてしまいます。

なので、ヒントを得ても思い出せません。




 【問4:認知症の方と出会ったときの話し方】

A 目をあわせると不安感を煽るので、目線は合わさずにゆっくり話す

B 目線をしっかり合わせてゆっくりと話をする

 

 

(解説)

正解はBです。目線を合わせ、ゆっくりと穏やかな口調で話しましょう。

認知症の方は日ごろから不安を抱いていることが多いので、他人が近づくと恐れることがあり、抵抗することもあります。

「こんにちは」などごく普通のあいさつから入り、笑顔で相手のペースに合わせながらコミュニケーションを図る必要があります。

【問5:女性に多いのはどの種類の認知症?】

A アルツハイマー型認知症

B 脳血管性認知症

C レビー小体型認知症

 

 

(解説)

正解はAです。BとCは男性が多い認知症です。

認知症には、上記A~Cに加え、前頭側頭型認知症(ピック病など)、クロイツフェルト・ヤコブ病、慢性硬膜下血腫などがあります。

それぞれの特徴については別記事で紹介中です。(末尾にリンクを添付してます。)



🔷まとめ

今回はクイズ形式で認知症について触れました。

認知症については、クイズでもあったとおり高齢者の4人に1人が認知症又はその予備軍となります。

今後、様々な場面で接する機会が増えますし、自分自身も高齢になれば認知症になる可能性も十分にあるのです。

認知症という障害を抱えていても、その障害とうまく付き合いながら、その人らしい生活ができるよう、それぞれで考えていきましょう。



関連記事:認知症の特徴や症状!アルツハイマー型認知症

関連記事事前対策は大事!徘徊高齢者の行方不明事案

-介護

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

事前の対策は大事!”徘徊高齢者”の行方不明事案

私が以前赴任していた地域には防災無線がついていました。その防災無線を通して徘徊され行方不明になってしまった高齢者の手配が放送されていました。「徘徊高齢者探してメール(仮称)」にも頻繁に手配内容が流れて …

認知症の特徴や症状!レビー小体型認知症

日本の人口が減る中、高齢者数は増え続け、現在は既に4人に1人は認知症又はその予備軍と言われています。 厚生労働省のデータによれば、2025年には700万人を超え、外出すれば駅やデパートなどで認知症又は …

障害を受け入れる心のメカニズム

今回は自分自身に障害が残ることになった場合、例えば医者から「下半身麻痺になります。」と宣言を受けたような場合に、それを受け入れるまでの心のメカニズムについてお話します。 また、記事後半では、障害を受容 …

食事の介助!介護の基本シリーズ

食事とは誰もが日常的に行う行為ですが ただ栄養素を摂るだけの目的ではありません。 食欲を満たすことで、健康の維持、増進、活動のためのエネルギーを確保できることはもとより ✔生活のリズムの維持 ✔食べる …

“呼吸の変化”老衰による死の直前のバイタルサイン

10年前に他界した私の祖父は、特別養護老人ホームにおいて死の直前、いわゆるターミナルケアまでお世話になりました。 祖父はレビー小体型認知症でしたので、中々家族だけの介護は困難であり、老人ホームでのター …

カテゴリー

アーカイブ